ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマート・ウーマン スマート・リーダー

サンドバーグ氏が語る女性活用の理想
南場さんが語る男女平等の現実

林 正愛 [アマプロ株式会社社長]
【第13回】 2013年7月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

女性として差別を受けたことはないーー南場

 一方で、DeNAのファウンダーである南場智子氏は、女性として差別されたことはないと言います。大学時代にアメリカに留学したときに、equal rights amendment(男女平等憲法修正案)が議論され、それについて応援する男性もいれば女性もいたし、反対する男性も女性もいて、彼女はそれを客観的に見ていたそうです。

 彼女自身は数字、結果を重視しています。人事は実力と実績で選ばれるべきで、チームは多様であればあるほど強いと言います。モチベーションの源泉の違う人をどうマネジメントするかがむずかしい―—褒められてモチベーションが上がる人もお金がほしい人もいるし、技術を認められたいという人もいます。

 DeNAで初めてのサービスを立ち上げたときの大きな喜びを例に、チームメンバーそれぞれがオーナーシップを持って、取り組んだ仕事を達成することの喜びと高揚感は何ものにも代えがたい、それを奨励する会社でありたいと強く語りました。

 彼女が大学卒業後入社したマッキンゼーでは、うまくいかない時期があって、もうだめだと転職を考え、転職先も決まっていたそうです。そんなときに、最後の仕事だからとある仕事を頼まれます。そのとき、自分ができないことをさらけ出し、チームメンバーに「助けて」といったことで、逆にチームがうまくまわり、成果を残すことができたそうです。結果として会社に残ることを決め、その後は大きく成長を遂げ、パートナーにのぼりつめました。

 自分一人でやろうとするのではなく、チームでやるべきだと強く感じた経験だと振り返ります。他人や自分ではなく、「こと」に集中する、「こと」に集中するととても楽しい。「こと」に向かい、仕事に向かい、「こと」を出すことに精一杯になることは大事ではないかと強調していました。

ウーマノミクスは始まっている

 時代を代表するIT企業の2人のエグゼクティブ。女性として差別が厳然として存在すると主張するサンドバーグ氏と、女性を優遇しすぎると人事に不透明感が出て、組織に悪影響を及ぼすと主張する南場氏。どちらが正しいということもなく、両方の考え方があることを知るのが大切なのかもしれません。

 一方で、彼女たちを見ていて感じたのが、プレゼン力の高さ。サンドバーグ氏はブルーのシルエットがきれいなワンピースに身を包み、登場とともに壇上の一番中央へ。プレゼンを始める前に、お世話になった人、感謝を述べたい人を1人ずつ名前で呼び、立つように伝え、讃え、お礼を言い、拍手をしました。30分の講演の間、1度も演壇につかず、壇上を動き回りながら、手振りを交えて話をしました。

 南場さんも演壇につかず、エピソードを交えながらユーモラスに話されていました。二人とも説得力のある、魅力的なプレゼンであったことは間違いありません。

Photo by Lim Jungae

 対照的でありながら、このような巨大企業で女性が活躍しているということは、やはりいろいろな意味でウーマノミクスという大きな革新が起きつつあるのだと感じられました。

 サンドバーグ氏は問います。

 「もし怖がらなくてもいいとしたら、何をしますか」
(What would you do if you weren’t afraid?)

 あなたは何をしますか。

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

林 正愛
[アマプロ株式会社社長]

りん・じょんえ/BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ、ファイナンシャルプランナー、英検1級、TOEIC955点。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。British Airwaysに入社し、客室乗務員として成田―ロンドン間を乗務。その後中央経済社、日本経済新聞社にて、経営、経済関連の書籍の企画および編集を行う。2006年10月にアマプロ株式会社を設立。仕事を通じて培ってきたコミュニケーション力や編集力を活かして、企業の情報発信をサポートするために奔走している。
企業の経営層とのインタビューを数多くこなし、その数は100名以上に達する。その中からリーダーの行動変革に興味を持ち、アメリカでエグセクティブコーチングの第一人者で、GEやフォードなどの社長のコーチングを行ったマーシャル・ゴールドスミス氏にコーチングを学ぶ。現在は経営層のコーチングも行う。コミュニケーションのプロフェッショナルが集まった国際団体、IABC(International Association of Business Communicators) のジャパンチャプターの理事も務める。2012年4月から慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科で学んでいる。2児の母。

スマート・ウーマン スマート・リーダー

日本経済の屋台骨を支えてきた製造業が苦しむ中で、さまざまな技術革新が生まれ、グローバル競争の新たな舞台となっているIT業界。いまやあらゆるビジネスがITを抜きにしては、競争力が立ちいかないのが現状だ。男性のイメージが強いIT業界で、実は多くの女性たちが活躍している。IT業界やそれに関わる仕事をして活躍している女性たちに焦点を当てながら、新しい競争の時代のリーダー像を紹介していく。
 

「スマート・ウーマン スマート・リーダー」

⇒バックナンバー一覧