ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

事業のHOWが鍵、そのパズルを考え抜く
小澤隆生・YJキャピタルCOOインタビュー

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第35回】 2013年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
6
nextpage

*  *

 投資には、よい案件をみつけて投資をするパターンと、小澤氏のようによく知った仲間と自分も汗をかくつもりで投資するパターンがある。口を出して自分も頑張るのなら、知らない人といきなり事業を始めるのは難しい。お互いが分かりあうプロセスが大切だ。

 それがあるからこそ、フェアな信頼関係ができて、二社同時に会社をつくって競争をさせるといった荒業もできるのだ。

 起業家からすれば、待っていてもこうしたメンターを得ることはできない。やはり人とつながり、それを育む努力は大切だ。

ヤフーとの掛け算で圧倒的になる
1位のベンチャーを求む

――YJキャピタルの投資のストライクゾーンを教えて下さい。

 (ヤフーのベンチャー投資子会社である)YJキャピタルの投資対象はインターネット関連で、来るものは拒まずの姿勢だ。しかし、投資に至っているのは、ある程度事業を成立しているものが多く、スタートアップにはハードルが高いと思う。

 会社での投資は個人とは異なる。個人投資は、起業チームと自分の力量の掛け算で成功を目指す。「オレもがんばる」と、自分自身すごく時間を使いましたが、会社で仕事としてやると時間が足りない。

 会社では限られた時間の中で投資の確度を高くしたいから、数字をみたい。特に(コマースやコミュニティといった)テクノロジーによらないサービスでは、数字をみるしかない。そして本当にお客さんを取れるかをみたい。テクノロジーで優れたベンチャーには、サービスイン前でもいくつか投資しています。

 その分野で1位のベンチャーに投資するのがいちばんいい。できれば2位、3位との差が4倍くらい開いているといい。そういうベンチャーならバリュエ―ション(会社の評価額)が高くても投資したい。そして、圧倒的な1位のポジションを強固にするためにヤフーの力を使いませんか、ということ。

 ビジネスとともに社長の力量をみるが、それは過去の実績でしか分からない。「がんばります」と言うだけじゃ何も示せない。リファレンスはネガティブのチェックに使うが、プラス評価は難しい。

 スタートアップも検討するが、シード・ステージでの投資は限られる。ずば抜けた長所があることが必要だ。

previous page
6
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧