オフィスを「走る」人は
“仕事ができない人”に見られる恐れも

 このように一流のリーダーたちは、どんなに忙しくても会社の中で走ることをしません。たとえ急いでいたとしても、小走り程度で歩くという具合です。

 なるべくゆっくりと歩幅を大きめに「堂々と歩く」ということを常に意識しているのです。

 新入社員研修の時に、「会社では走ってはいけません」と教わった人も多いと思います。ところが、それでも社内で走っている人を見かけることがあります。

 オフィスのなかで「走る」という行為は、想像以上に、ネガティブな印象を周囲に与えているのです。

 オフィスを見渡してみましょう。皆さんの周りで、よく走っている人を見かけませんか? 

 もし見かけるようであれば、その人たちにどんな印象をもちますか?

 粗雑な人。
 落ち着きのない人。
 いつもバタバタしている人。
 時間に追われている人。

 どれも悪い印象ばかりですね。これらは、「タイムマネジメントができていない人」「仕事の段取りが悪い人」などというように、「仕事ができない人」というイメージを与えてしまう恐れがあります。

 一方、社内で優雅に堂々と歩いている人は、どんな印象を与えるでしょうか?

 品のある人。
 きちんとしている人。
 余裕のある人。
 落ち着きのある人。

 どれも良い印象ですが、これらは「きちんと仕事のできる人」というイメージを与え、ポジティブな印象を与えます。

 いかがでしょうか。

 オフィスで「歩く」か「走る」かで、こんなにも周囲へ与える印象の違いがでてきてしまうのです。