梶原一人

眼科 かじわら アイ・ケア・クリニック院長
慶應義塾大学医学部卒。ハーバード大学研究員、スタンフォード大学リサーチ・アソシエート。日本人初のハワード・ヒューズ・メディカル・インスティテュート奨学生。北里賞受賞。1959年東京都品川区生まれ。慶應義塾大学医学部卒業後、臨床眼科学を学び眼科医に。現場で治せない多くの病気に直面し「根本的な治療法を考えたい」と1990年にハーバード大学に研究員として留学。在職中に世界で最も権威のある科学雑誌『ネイチャー』『サイエンス』に論文を発表する。1994年、スタンフォード大学医学部・神経生物学教室にリサーチ・アソシエートとして移籍。1995年、東京大学医科学研究所・化学研究部の客員研究員を兼任し、帰国後は理化学研究所脳科学総合研究センター(神経再生研究チーム・チームリーダー)。2006年、「眼科 かじわら アイ・ケア・クリニック」開設。最新鋭の検査機器を揃えて高レベルの医療を提供するだけでなく、米国で学んだ「患者さんの立場になって優しく心のこもったケアをする(TLC=Tender Lovely Care)」を実践し、口コミで患者さんが増加。整理券を配布しても行列ができる評判のクリニックとなっている。初の著書『ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25』(ダイヤモンド社)が話題に。

【『羽鳥慎一モーニングショー』で話題! ハーバード×スタンフォードの名医が教える】自覚症状がないままいつの間にか悪化している…放っておくと怖い“目のトラブル”
【『羽鳥慎一モーニングショー』で話題のハーバード×スタンフォードの名医が教える】放っておくと怖い!失明原因トップ「緑内障」“最恐”の3タイプ
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】その症状は失明寸前の末期かもしれない…誰もが他人事ではない失明原因ナンバー1「緑内障」の“今そこにある危機”
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】最新の検査機器でないと見逃される!自覚症状がほとんどない失明原因ナンバー1「緑内障」の“恐ろしい真実”
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】他人事ではない…自覚のないまま進行する失明原因ナンバー1「緑内障」の“不都合な真実”
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】「まさか自分が…」と50代女性がショックを受けた!多くの人が信じているけれど実は大間違い“失明原因トップの誤解”
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】一晩であっという間に失明してしまう可能性も!視力が落ちたな…から“失明した人”の共通点
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】モノが二重にみえる…“恐ろしい後遺症”が残らないようにチェックすべきこと
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】モノがゆがんで見える…40歳を過ぎたらチェックすべき重大な目の衰え
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】「中心部分が暗く感じる」…と訴える人で圧倒的に多い“見逃せない目の病気”
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】なぜか“目の前に光が走る”ことはありませんか?それは「大丈夫な場合」と「大丈夫でない場合」があります!
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】気づいたときには手遅れ…日本人の失明原因の第1位「緑内障」だけではない“視野の欠け”で注意すべき3つの病気
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】視力の衰えを感じる…テレワーク中に重大な目の病気を発見する“カンタンな方法”
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】放っておくと失明に至る可能性も…「視界が白く見える=白内障」と決めつけてはいけないワケ
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】「ぼんやりとモヤがかかったように見える」という症状に隠された重篤な目の病気とは?
【ハーバード×スタンフォードの名医が教える】誰にでも訪れる「小さい文字が見えにくくなった」という症状の正体とは?

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP