経営者やビジネスサイドのメンバーは、往々にして、デザイナーには「専門性」を生かした、1ファンクションとしての役割を求めがちです。しかし、新規事業開発の現場では実際にユーザーの声を拾い、それを具現化する立場であるデザイナーは、マーケットに最も近い視点を持ち合わせてプロジェクトに携わっていると言えます。そのため、「プロダクトがどれくらいマーケットにフィットするか、しっかりマネタイズできるかなどのいわゆる経営・ビジネスサイドのことでも、恐れずに積極的、能動的に意見を述べ、経営者やメンバーとコミュニケーションを図っていくことが1つの大きな役割」だと花城は言います。

開発現場と意思決定者の
橋渡し役の一端を担う

 このコミュニケーションは、エクスペリエンスデザイナーにロジカルシンキング的視点があると、さらにスムーズなものになります。現在、BCGDVを含め新規事業開発の現場では、カスタマーニーズを中心に考えるデザインシンキングがベースとなっています。デザインシンキングはビジネスの現場において広く普及するようになり、新規ビジネスの開発にこの手法を取り入れる企業は増えています。その一方で、経営サイドを説得するには経営的視点で論理思考を展開する必要があります。坪田曰く、「会議室で意思決定者を説得するロジックと開発現場におけるモノづくりに必要なロジックは性質が違う」のです。

 ユーザーインターフェースの設計意図、ユーザー体験の価値を言語化するには、作り手に響くロジカルさとディレクションが必要です。一方で、意思決定者を説得するためには、デザインのすべてをビジネス価値に置き換えて、言語化しなければなりません。特に大企業と共同で新規事業を開発する際は、相手に経営判断を促す場面において、論理思考がより重要になってきます。大企業が持っている潜在能力をデジタル領域で開花させるためには、デザイナーとビジネスサイドのチームメンバーの綿密な連携が必須です。

 ビジネスサイドと協力しながら、説得材料を集めて、開発現場と意思決定者の橋渡し役の一端を担うことも、今後デザイナーに求められる資質となってくるでしょう。その点において、BCGDVと、経営的視点による論理思考を強みとするBCGのエキスパートとのコラボレーションは、ビジネス的に有効です。また、双方のメンバーにとっても学ぶことが多いと言えます。

 そして、先ほども述べたように、多様化するツールを状況に合わせて使いこなすハードスキルを磨くためにも、常にアンテナを張って、積極的に新しい手法を取り入れるという能力も重要になっていると考えられます。この主体性、能動性も、1つのソフトスキルと言えるかもしれません。

 ここまで、エクスペリエンスデザイナーに求められるスキルについて述べてきました。

 新規事業創出においては、ユーザーニーズをいかに正確にあぶり出し、とらえるかが大切なポイントとなります。ゆえに、ユーザーのリアルな声を拾うことのできるエクスペリエンスデザイナーの仕事は、従来のデザイナーの仕事に増して、ビジネス面に直結するようになったと言えるでしょう。

 加えて、アイデアやプロダクトを目に見える形に実物化することによって、プロジェクトに携わるステークホルダー全員がユーザー体験を共有できるようにする。こうしたデザイナーの仕事は、さまざまな職種の人が一つのミッションのもとコラボラティブに働くための大きな基盤となっていると言えるでしょう。

 今回は、新規ビジネス創出におけるエクスペリエンスデザイナーの役割についてお話ししました。次回は、ベンチャービジネスにおける「プロダクトの作り方」をテーマにお話ししたいと思います。