そして、筆者もその「大衆」の中の一人となって、微力ながらも資金調達支援の一翼を担ったというわけだ。

「目利き力」を失った銀行は
担保確保がルーティンワーク

 クラウドファンディングは購入型と寄付型、金融型の大きく3種類に分かれる。

 筆者が利用したKickstarterは購入型で、企業や個人による商品・サービスに対する対価を先払いする通信販売のようなもの。クラウドファンディングではこの購入型が主流を占める。

 二つ目の寄付型はその名の通り、個人や団体による社会貢献活動などに対する寄付金を集める場となる。

 最後の金融型は、さらに株式投資型とファンド型、融資型の三つに細分化される。ベンチャー企業の未公開株式や企業の特定事業に投資をしたり、企業に対してソーシャルレンディングとも呼ばれる融資をしたりするものだ。

 このクラウドファンディングは、優れたアイディアやデザイン力、技術を持つ企業や個人の可能性を大きく広げつつある。現時点での事業規模や資金力、信用力よりもはるかに大きなプロジェクトにチャレンジしやすくなったのだ。

 破壊的なイノベーションが生まれにくいと言われて久しい日本の産業界。そこで今、銀行をはじめとする金融機関に対して、企業の事業に対する「目利き力」の発揮が今まで以上に期待されている。 ベンチャー企業や中小企業などの将来性がある事業を見い出し、一定のリスクを取りながら資金調達面を中心に支援することで、イノベーションの後押しをせよ、というわけだ。