電子顕微鏡で見たはしかウイルス
はしかは甘く見ると危険な伝染病だ。はしかウイルスの電子顕微鏡の写真 Photo:Science Photo Library/AFLO

はしかの症例数がじわじわ増えている。年初からの累積報告数は5月21日までに、170例を超えた(国立感染症研究所集計など)。日本は1978年にはしかの予防接種が定期接種となってから、就学前の乳幼児を対象に予防接種が行われてきた。その結果、2015年には土着のはしかウイルスが存在しない「排除状態」にあるとWHO(世界保健機関)に認定されている。しかし、その後も毎年のように「輸入感染」による感染例が報告されているのが現状だ。(医学ライター 井手ゆきえ)

海外からの「輸入感染」
国内で二次、三次感染が拡大

 今回の流行の発端となった沖縄県の患者数は、5月22日までに100名に達した(軽症で非典型的なはしかの例、調査中症例を含む)。最初の感染源は台湾から渡航した30代の男性観光客で、沖縄県内を旅行中にはしかを発症。この間に男性と接触した県内の住民が2次感染し、さらにそこから3次感染が広がっている。

 沖縄県以外では、集団感染が報告され始めた時期に同県を訪れた名古屋市の10代の男性が帰宅後に発症し、感染源となった。現在、感染例が報告されている地域は、沖縄県、福岡県、大阪府、愛知県、東京都など12都道府県にのぼる。

 検出ウイルス株から推定される感染地域は国内のほか、タイ、インド、ネパール、バングラディシュ、フィリピンなどで、複数の国からウイルスが持ち込まれていることがわかる。

1回接種では免疫不十分の可能性
ワクチン接種回数の確認を

 はしかウイルスは感染力が強く、免疫がない人が感染すると、ほぼ100%発症する。くしゃみや咳による飛沫感染、接触感染のほか、空気感染と様々な経路で感染するため、手洗い、マスク装着だけで予防することは難しい。