●キャプ、alt
大相撲名古屋場所で初優勝した関脇御嶽海関
大相撲名古屋場所で初優勝した関脇御嶽海関 Photo:Rodrigo Reyes Marin/Aflo

長野県の相撲ファン待望
200年ぶり!?の有望力士

 大相撲名古屋場所は関脇御嶽海(25)が初優勝を成し遂げた。

 白鵬、鶴竜、稀勢の里の3横綱に加え、大関に昇進したばかりで今、最も勢いのある栃ノ心が休場したなかでの優勝。上位陣との取組が後半にある関脇の御嶽海にとって白星を重ねる条件が揃っていたことは確かだが、このチャンスをしっかりとものにしたのも何かを持っている証しだし、相撲内容も15日間を通して悪い部分はほとんど見られなかった。

 御嶽海の取り口は観る者をひきつけるものがある。強烈な立ち会いから迫力満点の突き押しでグングン前に出る。また、突き押しを止められ四つに組まれても、学生相撲(東洋大)で鍛えられただけあって、臨機応変に対応し勝ち切るセンスもある。今後の大相撲を背負う名力士になる可能性は大だ。