ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道

未来の事業は
メガトレンドの「整理」からは生まれない

PwCコンサルティング
【第3回】 2018年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

Step2:未来の予測(Forecast)

 未来を予測するために、Step1でリストアップした未来の事象に対して、フレームワークを用いて整理する。外部環境を整理するフレームワークとしては、「政治(Politics)」「経済(Economy)」「社会(Society)」「技術(Technology)」という4つの視点を用いる「PEST」が広く知られている。この視点に加えて、「顧客」「事業」等の視点を加えることで、自社の部品事業にインパクトをもたらす可能性を持つ未来の事象を整理することができる。

 情報を整理する際には模造紙とポストイットを使用し、検討内容を可視化することが望ましい。まず、模造紙の縦軸にPESTなどの整理視点、横軸に時間をとり、整理のためのフレームワークを準備する。次に、情報源から抽出した未来の事象をポストイットに記載し、未来の事象カードを準備する。各事象を、模造紙上に記載されたフレームワークに沿って、適切な位置に配置することが情報整理の第一段階となる。

 第二段階では、配置された情報を基に、各事象の関係性を考察する。事象の関係性とは、時系列における変化や、因果関係などを示すものである。この時、調査した事象だけでなく、情報源には記載されていない仮説を補いながら関係性を整理することで俯瞰性を高めることができる。未来の事象の関係性を可視化することで、当該領域における大きな潮流(メガトレンド)を示すアウトプットが作成される。(図表3)

次のページ>> 変化の兆しをつかむ
previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道

日本のモノづくりを支えてきた部品メーカーが、デジタル大変革時代に岐路に立たされている。これまでの製品メーカーからの発注を待つ受け身の姿勢を変え、自ら未来を想像する発想の転換と実行態勢の構築が求められるが、具体的な方法論が見いだせない。この状況を打破するためのヒントを提供する。

「デジタル大変革時代 部品メーカーの生きる道」

⇒バックナンバー一覧