近年、会社内には「自分のやりたいこと」だけを主張する“モンスター部下”が急増中だ。彼らの登場によって、職場崩壊へのカウントダウンが始まっているというが、この問題の背景には、政府が推進する「キャリア教育」の弊害があるようだ。(取材・文/黒沢一樹、構成/清談社)

プライドばかりが高い部下を
量産するキャリア教育

プライドばかりが高い若手が増えています
自分のやりたいことは曖昧なまま、親の望む有名企業への就職を志し、プライドばかり高い…そんな若手に手を焼く企業が増えています Photo:PIXTA

「最近の若者は仕事に対して『やる意味』を求めます。OJT(業務を通して行う職業教育)で仕事を教えても、意味が理解できなかったり、『やりたいこと』ではなかった時には、仕事を放棄することもあります」

 こう語るのは都内の人材紹介会社に勤務する男性だが、これはまさに今の時代を象徴する話といえるだろう。

 新卒として企業に入社しても、希望の部署に入れなければ退社をちらつかせ、コピー取りや掃除など雑務は「やりたいこと」ではないと文句を言う。さらに、本人にとっての「やりたくないこと」が続くことで、精神的に病んでしまう若者までいる。

 新社会人が最初の研修で学ぶであろう、「Will-Can-Mustの3つの輪」。これは、「仕事とはやるべきこと、やりたいこと、できることが重なり合うところで遂行するもの」とする考え方だが、今の若者は“やりたいこと”だけに前のめりになっているのだ。

 もちろん、そんな若者を「甘い」と切り捨てることは簡単だが、対応を誤れば職場崩壊の危機に発展しかねない。企業側とすれば、少しでもいい人材を採りたいと採用に時間や労力をかけており、新入社員も、苦労して就職活動を乗り切ったはず。その結末がこれでは、お互いにあまりにも不幸だ。