定森幸生(さだもり・ゆきお)
慶應義塾大学ビジネススクール、早稲田大学ビジネススクール非常勤講師

1973年、慶應義塾大学経済学部卒業後、三井物産株式会社に入社。
化学品原料の貿易・国内販売を経験した後、1977年、カナダのMcGill大学院修士課程修了(MBA取得)。米国三井物産New York本店人事課での仕事を含め、通算約11年間、米国・カナダに滞在。以降、一貫して三井物産のグローバル人材の採用、能力開発、人事評価制度の設計・運用などに従事する。その傍ら、北米の政府機関、有力大学(McGill, Cornell, UCLA, Texas A&M, Case Western Reserveなど)、American Bar Association(アメリカ法曹協会)などの招聘による広範なテーマの講演、ワークショップ、諮問委員会などで活躍する。
日本では、東北大学、明治大学、法政大学、獨協大学、多摩大学、全国外国語教育振興協会、国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)などで、学生および実務家に対して「考えるだけの英語から、受け手に配慮しながら積極的に使うことで習得する英語」の実践例を説いている。2012年に三井物産株式会社を退職。

現在、慶應義塾大学ビジネス・スクール非常勤講師、早稲田大学ビジネススクール非常勤講師、明治学院大学国際経営学科非常勤講師として、「Global Business Communication Strategy」「Global Business Competency Development」「Business Negotiations for Desirable Results」「People Management Challenges in Cultural Diversity」などの講義を通じて、実務家対象の社会人教育に従事する。その一方、企業のグローバル人材開発セミナー・ワークショップでも活躍中。一般財団法人英語教育協議会の理事も務めている。

著書に『現地社員活用の手引』(日経文庫)、『英文履歴書の書き方と実践表現集』(ナツメ社)がある。