Photo:PIXTA

日本の研究開発費総額は世界3位も
2年連続のマイナス

 世界でいちばん研究開発費を使っている国はどこか?科学技術・学術政策研究所(文部科学省管轄)は毎年、世界の研究開発動向を調査し、それを『科学技術指標』として発表している。その2018年版(16年実績の調査・分析)がこのほど発表された。

 OECD(経済協力開発機構)購買力平価に換算した日本の研究開発(R&D)費総額は16年の実質額で18兆4300億円、前年比2.7%減だった。世界3位である。トップは米国で51兆1300億円、同3%増、2位は中国で45兆2400億円、同10.6%増だった。日本は金額にして前年より5065億円減っており、2年連続のマイナスである。この理由について科学技術・学術政策研究所は「日本政府の科学技術予算が伸び悩んだ」「中国の景気減速によって企業の開発投資が減少した」と分析している。なお、4位はドイツ、5位は韓国である。