ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

ついに、ロボットが
リアル・ビジネスを変える日が来た?!

安間裕
【第9回】 2012年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

人型ロボットはビジネスを変えられるか?

 こういった、物理的にビジネスを革新するロボットと、ちょっと趣旨は異なりますが、MITによって開発されている「Personal Robot」(パーソナル・ロボット、人間みたいなロボットって意味だと思いますが)も、なかなかのものです。

 この技術を活用して、人間とロボットが共同で人命救助をしたり出来るようです。

 このパーソナル・ロボットは「表情」を持っていて、悲しそうな顔とか、同情に満ちた顔などをします。その表情が「救命」には重要で、安心感を与えるという話もあります(正直疑問ですが…)。

 MITのラボは、技術は見事なのですが、時々、「これ、何に使うんだろう」と疑問に思うものもあったり、お釈迦になって「残念!!」みたいなものも結構あるようです。このパーソナル・ロボットも、この用途止まりだと極めて惜しい感じで、ここからが勝負のしどころだと思います。

 こういった技術をリアル・ビジネスの空間でいかに活用するかの発想は、我々のようにビジネスに携わっている人にしか出来ないのかもしれません。

 AR(拡張現実)の回でも書きましたが、物理的に接客をする商売に携わっていらっしゃる方々の最大の悩みの一つは、サービスと省力化のバランスです。

 特に、メーカーの特約店やSPA(企画製造販売を一貫して行うアパレル業態。ユニクロが代表例)でもない限り、商品では差別化が困難になってきており、「価格」と「サービスの品質」で勝負ということになってきます。

 量販店などもそうですが、銀行の窓口や携帯電話のショップでは、混雑時に散々待たされた挙句に接客態度が横柄だったりすると、「ここ、もうやーめた」なんてなることも多いんじゃないかと思います。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

グローバル経済のなかで地盤沈下の進む日本。再びIT先進国として飛躍するためには、ITをビジネスの武器とする発想が必要だ。ビジネスは現場が肝心。現場の意思決定のスピードアップなど現場力向上に先端ITをどう生かしていけばよいか、IT業界のフロントランナーがわかりやすく解説する。

「現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則」

⇒バックナンバー一覧