【マウントプレザント(米ウィスコンシン州)】台湾の電子機器受託製造(EMS)大手、鴻海科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)は米ウィスコンシン州南部に建設中の大型液晶パネル工場に中国の従業員を異動させることを検討している。米労働市場の引き締まりを受けて、エンジニアなど必要な人材の確保が難航しているためだ。関係筋が明らかにした。  ウィスコンシン州は鴻海を誘致するため、30億ドル(約3400億円)の優遇税制や「パフォーマンスに基づく」支援策を約束。地元当局もさらに7億6400万ドルを上積みしている。