【北京】6日にジュネーブで開かれた国連人権理事会で、イスラム教徒らの大量拘束を巡り中国に批判が集中した。だが中国は政策の正当性を主張。米国などと対立する事態に発展した。  外で反中デモが行進する中、欧米諸国をはじめとする十数カ国が新疆ウイグル自治区の収容施設を巡り中国代表を激しく批判した。人権理事会が数年に一度実施する広範な人権調査を踏まえたものだ。  オーストラリアは中国に対し、「新疆でのウイグル族やその他のイスラム教集団の強制的な収容をやめる」よう求めた。