有給休暇が取りやすい業界、取りにくい業界
有給休暇が取りやすい休みやすい業界はどこでしょうか? Photo:PIXTA

 今年6月に成立した「働き方改革関連法」によって、2019年4月1日から企業には10日以上の年次有給休暇が付与される全ての従業員に対して、最低でも5日以上の有給休暇を取得させることが義務付けられます。企業側に罰則を設けることで、従業員を強制的に休ませるための施策といえますが、有休消化率の低い企業や職場においては、休みを取りやすい雰囲気づくりや、業務を属人化させない体制づくりが急務です。

 近年、ワークライフバランスの観点から、大手企業を中心に残業の見直しのみならず、有給休暇取得にも積極的に取り組む企業が増えてきましたが、実際に有給休暇を取得する人は増えているのでしょうか?

 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズは、「2018年『Vorkers有休消化率レポート』」を発表。Vorkersに投稿された現職社員(回答時)による有休消化率データを年次で集計し、平均の推移、そして業界別の残業時間の推移も調査しました。

※集計期間内(2012年1月~2018年12月)にVorkersに投稿された回答時現職の社員による有休消化率17万2307件を対象データとして集計。業界別平均は2018年に20件以上回答のあるもの。

有休消化率は5年連続でアップ
今年ようやく5割に到達

 まず、2012年からの有休消化率の推移を見ていきましょう。2012年、13年に41%だった有休消化率は14年から継続して2~3%の上昇を続け、14年42%、15年44%、16年46%、17年48%、そして18年は51%と5割を超える結果になりました。調査開始時の12年と比較すると、なんと10%も有休消化率がアップしていることがわかります。

有休消化率の推移