4日発表された2018年12月の米雇用統計は力強い内容だったが、先月の連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ以降で不透明さを増した経済の見通しを晴らすにはほとんど役立たないだろう。  FRB当局者は先月、19年の利上げ回数は2回との想定を示したが、次の動きを判断する前にしばらくは雇用、消費、投資の動向を観察したい意向を示していた。  市場はFRB当局者の予想以上に景気が鈍化するとの警戒感を背景に、今年は利上げはないとみている。