古い農業機械を買い取り世界中へ輸出
日本農家を救う新ビジネス

古い農業機械を買い取り世界中へ輸出、日本農家を救う新ビジネス
小型で高性能、使い勝手がよい日本の中古農業機械が、今世界中で大人気だ。この中古農業機械の世界流通という新たな市場を創出し、苦境の日本農家を救っている会社がある

 田畑の面積が小さい日本で、農業機械は独自の進化を遂げてきた。トラクター、穀物収穫用のコンバイン、田植機、耕耘機など、小型で高性能、使い勝手もいいという日本の中古農業機械が、実はいま世界で大人気だ。

 中古農業機械の世界流通というこれまでなかった市場を開拓したのが、鳥取県鳥取市に本社を置く旺方トレーディングである。

 本社ビルの建つ敷地には、海外への出荷を待つトラクターが所狭しと置かれている。現在、海外へは平均で月200台ほど輸出されている。トラクターが中心だ。取引先は世界88ヵ国。ヨーロッパが最も多く70%を占める。次いでアジアが25%だ。この他、中東、中南米、アフリカにも渡っている。国別で最も多いのがオランダだ。

 同社を創業した社長の幸田伸一(38歳)はこう語る。

「離農する農家は年々増えており、大事に使ってきた農業機械もこれまでは誰かに譲るか廃車するしかありませんでした。それを我々が買い取り、海外で役立てることができるので、農家の皆さんも喜んでいます。

 世界にはまだ、牛や馬を使って畑を耕している国もあります。新車のトラクターには手が出ないが、中古ならば何とか手が届く。日本で必要がなくなった機械がまた働いてくれるのだから、当社は日本と世界の農家をサポートしているのです」

 買い取り価格は機種、年式、使用年数、状態などで、もちろん変わってくる。新品価格15~20馬力のトラクターで150万~200万円ほど。新品では「馬力×10万円」で価格が決まると言われている。中古になると価格は少なくとも、この3分1だ。

 海外で生産されているトラクターは100~200馬力という大型が中心で、実は日本製のように小型で使い勝手のいい中古トラクターの潜在ニーズがあった。例えば、国土の狭いオランダなどはいい例だろう。しかし、これまで単発的な輸出はあったものの、本格的なビジネス化を図った企業はなかった。