誰もがAIを使う時代に
どう備えるべきか

――AIがエクセルのような、ビジネスで使えることが当たり前の存在になるという指摘がありましたが、そうした時代の到来に備えて私たちは何を準備しておくべきでしょうか。

 その答えは、現時点では宿題とさせていただけないでしょうか。しっかりと考えが固まってから伝えたい、ものすごく重要で、大切にしたい答えです。

 おそらくですが、業界によって違ってくると思っています。製造業とウェブ企業とでは、身に付けておくべきものは異なると思います。

 また、教育界の観点からお答えすると、誰でもAIを使ったデータ分析ができるようになるツールが普及してエクセルのような存在になったとしても、数学やプログラミングを学ぶ重要性は変わらないと考えています。頭脳の“基礎体力”としてとても大切ですし、論理的思考力を鍛えるためにも大切です。

 それ以外にも、データ分析に関する高いレベルでの応用力や着眼点は、AIが行っている分析の中身をある程度知っていることで生まれたりします。AIがどのような分析をしているか厳密には理解していなくても、数学的な感覚で理解できているということも大事で、人によって求められるレベルの差はあると思いますが、AIを使うと大体こんなことができるという感覚的なリテラシーは、全ての人が持っておくべきです。

――日本企業がAIを使ったデータ分析を経営にうまく生かしていくための処方箋はありますか。

 それについては、まだ私も問題提起の段階で明確な処方箋を持ち合わせていません。いかに日本企業にその重要性を分かってもらえるようにするかは最大のイシュー(論点)で、それができたときは日本の救世主になるのではないでしょうか。

 企業の実例から考えると、データを経営にうまく生かすことができるかどうかは、経営層の中にデータに関するリテラシーや感度を持つ人がいるかどうかによって大きな違いが生まれるものです。社内で組織横断的な話ができ、業務プロセスを抜本的に変える権限を持つ人の中に、たった一人でもそういう人がいれば、「やらなくてはいけない」と会社が変わるものです。

 現場ができることは、既存のビジネスモデルが変わらないという前提条件の下で利益を増やすというところまで。「インターネットの登場で日本は負けた」と言われますが、AIでも全てがひっくり返るゲームチェンジと同じことが起きるかもしれません。

 そんなAI時代において自社の経営環境がどう変わるのか、経営者自身の頭で想像ができないとまずいでしょう。