なぜ「うなぎ」で有名な浜松は
ランキング上位に入らなかったのか

 このランキングを見て、「もっと有名なご当地グルメ(が食べられる地域)があるのに、なんで上位に入っていないの?」と思った人もいることだろう。

 今回のランキングで上位に来るのは、「地域名を聞いて、すぐにその食べ物がイメージできるか(地域名を擁しているご当地グルメ)」「他の地域との商品と差別化できているか」という条件を満たした市区町村になる。

 例えば、浜松といえば「うなぎ」が有名だが、今回の調査では認知度18.3%で25位。これは、「浜松うなぎ」と一般的に呼ばれないこと、また「どんなうなぎか」という特徴があまり知られていないことが要因だ。

「さぬきうどん」で知られる高松市は、「生うどん・そば」と「乾うどん・そば」の年間購入額合計が1万1093円で全国1位(平成28年家計調査)ながら、認知度15.3%で41位。一方で、さぬき市は12位にランクインしている。

 このことからもわかるように、地域名を聞いただけで、そのご当地グルメを思い浮かべられて、食べたいと思わせるような他との差別化とブランド力が重要なのだ。

「最近では地域名のついた食品が多くなりましたが、急増し始めたのは2005年頃からです。今では、スーパーで販売されている野菜なども、産地がどこかで売り上げを左右するようになりました。産地名を書いた時に高く売れるかどうか、それこそが『地域ブランド力』です」(ブランド総合研究所・田中章雄社長)

 例えば、ランキング11位の夕張市は、名前を聞くだけで、多くの人が赤肉のメロン「夕張メロン」をイメージするだろう。そして、3位の松阪市といえば「松阪牛」が有名だが、これほどのブランド力があるのは、ビールを飲ませたり、焼酎でマッサージをしたりという珍しい育成法が多くの人に刷り込まれているからといっていい。