誰にでも新入社員時代の恥ずかしい思い出や失敗はあるものです
誰にでも新入社員時代の恥ずかしい思い出や失敗はあるものです(写真はイメージです) Photo:PIXTA

人は失敗を重ねて成長していく。失敗を時に叱られ、そして許されてこそ、人の成長はあるのだろう。誰にでも失敗はあるのだから、気楽に社会人生活をスタートしてほしいという気持ちも込めつつ、社会人デビューの恥ずかしい思い出を語ってもらった。(取材・文/フリーライター 藤井弘美)

今でこそ笑える
華やかなデビューにつきものの失敗談

 今年も4月を迎え、全国で新卒社会人がデビューする。在学中は露(つゆ)ほども思わない学生が多いだろうが、社会に出るというのは意外に大変である。新卒社会人を叱責・批判する常とう句に「学生気分が抜けていない」というのがあって、学生や新卒社会人からしたら「先輩風吹かせてうるさいな」と感じられる向きがあるが、先輩社会人から見れば真理以外の何ものでものない。

 入社から数年をかけて、新卒社会人はつらさ・厳しさ・理不尽さを学び、順当にれっきとした社会人として仕上がっていく。そしてその年入ってきた新卒社会人を見て「学生気分が抜けていない」と思うのである。

 学生から社会人になるということは、それだけ大きな変化が当人にもたらされるということである。この成長の過程でもっとも大変なのはやはり入社当初・配属当初であろうか。何しろ右も左もわからない、昨日まで学生だった若人が「社会人たれ」として扱われるのである。まさに「デビュー」という言葉にふさわしい戸惑いやときめき、華々しさがそこにはある。

 しかしデビューに失敗談がつきものなのも相場であって、学生気分が抜けていないくらいのピカピカの新卒であるから、失敗の度もかなり振り切った激しめのエピソードが生み出される。「今でこそ笑えるが当時は…」という失敗談を紹介したい。