男のオフ/インナーで着分けるコーディネート実例
インナーに合わせた"色柄コントロール"が着こなしのツボ

薄色デニムが原則カジュアルなアイテムであることは間違いないが、着こなし次第で印象は変化する。軽快なジャケットスタイルでもスマートさは確保したい。決め手となるのは、合わせるインナーのカジュアル度に応じた色柄の使い方だ。

シャツの場合→Vゾーンは1~1.5柄

ビジネスにも応用できるタイドアップは、大人の基本。とはいえ、仕事モードのVゾーンでは薄色デニムのラフさとのギャップが気になる。ジャケットやシャツ、タイのいずれかを柄物で、加えて色や素材感でも、デニムとの調和を図りたい。

【シャツSTYLE1】
ドレッシーなシャツも大胆な柄ジャケットでデニムと融和

インナーで着分けるコーディネート実例1
デニム2万円/ビーエイブル(チンクエ ステッレ) ジャケット10万4000円/ラルディーニ(シップス 銀座店) シャツ3万4000円/マリア サンタンジェロ(トゥモローランド) タイ7200円/ディストリクト(ディストリクトユナイテッドアローズ) ベルト4万4000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店) 靴3万6000円/ポルペッタ(ビームス 六本木ヒルズ)

 濃淡のある色落ちを見せながらも、シャープなシルエットを描くデニム。コットン×リネン生地のシャツはドレッシーな印象ながら、大柄チェックジャケットでカジュアル度を高めることで、華やかタイドアップが完成した。