alain jocard/Agence France-Presse/Getty Images 米国はデジタル課税を調査する構えを示したが、フランスのルメール財務相はこれを一蹴した  フランス上院は米アルファベットやグーグル、アマゾン・ドット・コムなど大手ハイテク企業を対象に新課税を導入する法案を可決した。米国は課税によって米企業が不利な立場に置かれかねないと懸念して調査を開始する構えだが、仏議会はそれをはねつけた格好だ。