ポイントは塩をひと振り

タサン志麻
タサン志麻
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三ツ星レストラン(ジョルジュ・ブラン)での研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店等で15年働く。2015年にフリーランスの家政婦として独立。「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。2017年2月、『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で一躍話題となり、2018年5月、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でその仕事ぶりが放映され、クール最高視聴率を記録。現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で家族構成や好みにきめこまかく応じた料理に腕をふるうほか、「つくりおきマイスター養成講座」の講師や料理教室、食品メーカーのレシピ開発などでも活動。フランス人の夫と子どもと4人で暮らす。著書に、第5回「料理レシピ本大賞in Japan 2018」料理部門で「入賞」した処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』などがある。
【タサン志麻HP】
https://shima.themedia.jp/

 作り方は簡単。ただ、時間は若干かかります。
 じっくりじっくり根気強く、玉ねぎを炒めなくてはいけません。
 タマネギの甘さが十分に出てカラメル化してくると、徐々に色がついてきて、鍋底に色がつくぐらいになってきます。
 そこまで色づいたら、水分とうまみ(コンソメ)を加え、煮込みます。
 このじっくり炒める作業はめんどくさいと思われがちですが、電子レンジを使えば炒める時間を短縮することができます。

 ポイントは、塩をひと振りすることです。

 こうすると、塩の脱水作用で水分が早くぬけ、同時に玉ねぎのうまみも引き出してくれます

 この炒め玉ねぎは、時間のあるときにたくさん作っておいて保存容器に入れておくと、ちょっとした煮込み料理に入れてうまみをプラスし、パンにぬってアンチョビとオリーブをのせてトーストすれば、「ピサラディエール」という南仏のお料理にもなります。

 まだまだ暑い日が続いていますが、寒い日には、ぜひ「オニオングラタンスープ」を作って温まってください(レシピは本書にあります)。

 本書『厨房から台所へ』にある私の思い出レシピは、冷蔵庫にある食材で意外と簡単にできます。第1回連載にカラフルなレシピを紹介しましたので、ぜひご覧いただけたらと思います。