熱狂!ラグビー ビジネス・人脈・W杯第5回
Photo by Toshiaki Usami

現代のラグビーは情報戦だ。GPSからドローンに至るまで、多様なテクノロジーを駆使した分析が行われる。特集「熱狂!ラグビー ビジネス・人脈・W杯」(全10回)の第5回では、その分析の妙について、トップリーグの強豪2チームのアナリストに聞いた。(「週刊ダイヤモンド」2019年8月31日号を基に再編集。肩書や数字などは当時のもの)

質の高い情報やデータ分析は
ラグビーの勝敗すら分ける重要な存在

TBS系のドラマ「ノーサイド・ゲーム」では、笹本玲奈さん演じる佐倉多英がアストロズのアナリストとして登場する 写真提供:TBSテレビ

 TBS系の7月期ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の劇中、トキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」において、大泉洋さん演じるゼネラルマネージャー(GM)君嶋隼人を支えるのが、笹本玲奈さん演じる総務部員の佐倉多英だ。

 ツイッター上などでは当初、「マネージャー役の眼鏡美女がかわいい」といった声も散見されたが、佐倉はマネージャーではなく、ラグビー部のアナリスト。自他チームの戦力などを分析する役割を担う。質の高い情報やデータ分析は、時に勝敗すら分ける重要な存在なのだ。

 とはいえ、ラグビーになじみのない人にとっては、どんな存在であるのか分かりづらいだろう。そこで、ドラマのアストロズと同じ東京都府中市に本拠を置くトップリーグの強豪2チーム、東芝とサントリーのラグビーチームに在籍するアナリストに分析の妙を聞いた。