米ゼネラル・モーターズ(GM)は4日、電気自動車(EV)に注力していく姿勢をウォール街に改めて鮮明に示した。同社は何十年も前からEVの販売に取り組んでいるが、ほとんど実を結んでいない。  GM幹部はデトロイト近郊のエンジニアリングセンターでのプレゼンテーションで、向こう数年のEV戦略の詳細を説明した。その1つは新しい電池技術の開発計画。1回の充電で走行できる距離は最長400マイル(約644キロメートル)と、現時点での競合他社の数字を上回る見通しだ。  EVと自動運転車の開発に200億ドル(約2兆1500億円)を投じる方針も明らかにした。