SDGs企業ランキング
写真はイメージです Photo:PIXTA

 2015年に「SDGs(持続可能な開発目標)」が国連サミットで採択されて以来、世界中でSDGsへの取り組みが進んでいる。そして実際に、ESG(環境・社会・企業統治)活動として具体的に展開する日本企業も少しずつ増えてきている。

 しかし、SDGs自体やそれに関連した企業のESG活動に対して、一般の消費者やビジネスマンらがどれだけ認知・理解し、評価しているのかは、あまり明らかになっていない。

 そこで、あらゆるステークホルダー約1万人へのアンケートによって、SDGsへの取り組みの評価が高い企業をランキング形式で紹介しているのが、ブランド総合研究所の実施した『企業版SDGs調査2020』だ。

 この調査では、調査対象となった日本を代表する企業210社のSDGsへの取り組み全体を評価するとともに、各社のESG活動(「環境に配慮している」「地域に貢献している」など)20項目についてもそれぞれ評価している。それでは早速、約1万人へのアンケートでわかった「SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング」を見ていこう。

※アンケートはインターネットにて実施。投資経験者、ビジネスマン、SDGs認知者、専業主婦、若年層などのステークホルダー1万500人から回答を得た。調査時期は2020年3月。「SDGs取り組み評価」の点数は、「各社がSDGsに本格的に取り組んでいるか」という問いへの答えを、「本格的に取り組んでいる」100点、「少し取り組んでいる」50点、「どちらでもない」「取り組んでいない」「知らない」いずれも0点として点数化し、全回答の平均から算出した。

1位はトヨタ自動車、2位アサヒビール
評価が高いのはBtoC企業に多い傾向

「SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング」1位は、トヨタ自動車が選ばれた。トヨタは昨年6月に「サステナビリティ推進室」を新設し、SDGsやESGに本格的に取り組んでいることでも話題だ。

 2位はアサヒビール、3位には旭化成がランクインした。トップ20にはBtoC企業が多数ランクインしており、商品を通じてSDGsへの取り組みを一般消費者に認知させられる企業の方が評価されやすいとも考えられる。