新卒入社
新卒入社してよかったと思える企業の特徴とは? Photo:PIXTA

 超売り手市場が続く昨今、新卒入社する企業選びに慎重になる学生も増えています。そんななかで参考にしたいのが、先輩たちがおすすめする「新卒入社してよかった企業」ではないでしょうか。

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社は、新卒入社した「先輩」たちがどれだけ自社への入社をすすめたいと考えているのかを調査しました。

 OpenWork へ会社評価レポートを投稿する際、「あなたはこの企業に就職・転職することを親しい友人や家族にどの程度すすめたいと思いますか?」という質問に0~10 点で答えるネットプロモータースコア(NPS) を 20 代の新卒入社社員(2012 年以降入社)に限定して集計。そして、ランキングを作成しました。

 では、どのような企業が上位に選ばれたのでしょうか。

※「OpenWork」に投稿された、2012年以降に新卒入社した社員によるネットプロモータースコア(NPS)7万3106件を対象データとして集計した。回答数7件以上の企業に限定してランキングを作成。

1位グーグル、2位コスモスイニシア
多様な企業が上位にランクイン

「新卒入社してよかった企業ランキング」の1位に選ばれたのは、グーグル合同会社です。2位は、昨年19位の不動産ディベロッパーのコスモスイニシアです。3位には、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社が入りました。

 昨年、OpenWork(旧Vorkers)が実施した「新卒入社して後悔しない企業ランキング」で1位になったサントリーホールディングスは、今年4位という結果でした。