新型コロナウイルスやせきの拡散に関する研究から、ウイルスがこれまでの想定以上に遠い範囲まで到達し、かつ長時間にわたって空中を浮遊する可能性があることが分かった。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を巡っては、せきやくしゃみ、話す際に生まれる大きな飛沫を通じて主に感染するというのが、現時点でのコンセンサスとなっている。米疾病対策センター(CDC)が唱える布製のマスク着用や最低6フィート(約2メートル)の対人距離確保、またくしゃみやせきをしている人から3フィート以上離れるべきとする世界保健機関(WHO)の勧告は、こうしたコンセンサスに基づいている。