ニシオンデンザメ
Photo:picture alliance/AFLO

 9月21日は敬老の日でした。我々日本人の平均年齢は、女性が約87歳、男性が約81歳となっており、女性の2人に1人は90歳まで生きると言われています。人生100年時代が現実のものになりつつあるようです。

 ところで皆さんは、魚の寿命について考えたことはありますか?

 魚の年齢は、ウロコや耳石などを調べることで推定することができ、一般的には、体の大きな魚は小さなものに比べて寿命が長い傾向があります。

 比較的なじみのある魚でみてみると、ワカサギやアユなどは平均寿命が1年程度と非常に短命です。

 寿司ネタとして有名なところでは、サバやイワシなどは7~8年程度、ブリやスズキ、マグロ、ヒラメなどは10~20年程度と言われています。イカやタコは非常に短命で、1年程度で生涯を終えるものが多くなっています。