社会人必須の教養「経済学」を改めて学び直す!特集『東大名誉教授が教えるミクロ&マクロ経済学』(全10回)最終回は、国際経済について解説。国際貿易をするメリットは?政策介入の弊害は?閉鎖経済と開放経済の違いなど、マクロ経済学の基本を学び直します。

>> 有料会員登録はこちらから

>> 視座を深める【学びの動画】他の動画はこちらから

今回の動画で学べるTOPIC
・閉鎖経済の利得
・政策介入の弊害
・比較優位の原則
・開放経済でのマクロ政策
・為替レート制度
・円高の影響
・経済統合

井堀利宏氏
東京大学大学院経済学研究科元教授。政策研究大学院大学特別教授。東京大学名誉教授。1952年岡山県生まれ。東京大学経済学部卒業、ジョンズ・ホプキンス大学博士号取得。東京都立大学経済学部助教授、大阪大学経済学部助教授を経て、1993年東京大学経済学部助教授。1994年、同大学教授。1996年、同大学大学院経済学研究科教授。1993年~2015年の22年間、東大で教鞭をとる。2015年4月より政策研究大学院大学教授。2017年4月より現職。著書『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』など。