社会人必須の教養「経済学」を改めて学び直す!特集『東大名誉教授が教えるミクロ&マクロ経済学』(全10回)#3は、ミクロ経済の重要な主体「家計」の消費行動について解説。「限界効用逓減の法則」や所得効果、代替効果などの基本概念を学びます。

>> 有料会員登録はこちらから

>> 視座を深める【学びの動画】他の動画はこちらから

今回の動画で学べるTOPIC
・家計の消費
・限界効用逓減の法則
・所得効果
・価格変化と代替効果

井堀利宏氏
東京大学大学院経済学研究科元教授。政策研究大学院大学特別教授。東京大学名誉教授。1952年岡山県生まれ。東京大学経済学部卒業、ジョンズ・ホプキンス大学博士号取得。東京都立大学経済学部助教授、大阪大学経済学部助教授を経て、1993年東京大学経済学部助教授。1994年、同大学教授。1996年、同大学大学院経済学研究科教授。1993年~2015年の22年間、東大で教鞭をとる。2015年4月より政策研究大学院大学教授。2017年4月より現職。著書『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』など。
【東大の経済学・動画】消費者がモノを何個買うかはどう決まる?
【東大の経済学・動画】消費者がモノを何個買うかはどう決まる?
【東大の経済学・動画】消費者がモノを何個買うかはどう決まる?
【東大の経済学・動画】消費者がモノを何個買うかはどう決まる?
【東大の経済学・動画】消費者がモノを何個買うかはどう決まる?
【東大の経済学・動画】消費者がモノを何個買うかはどう決まる?