【Twitterフォロワー数50万人、You Tubeチャンネル登録数25万人】と、今どきのママパパに圧倒的に支持されているカリスマ保育士・てぃ先生、初の子育てアドバイス本『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』ができました!
子育ての悩みは、決して親の能力や愛情の深さの問題ではなく、子ども特有の気持ちやものごとのとらえ方、体の状態を知るだけでうまくいくことが多いと、てぃ先生は教えてくれます。
この連載では、「てぃ先生が実際に試して効果のあった伝え方」や「保護者が絶賛した斬新なテクニック」を厳選。困りがちな「おしたく」「お片づけ」「お食事」などのよくある困りごとの状況に対応する方法などをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

愛情不足の親なんかいない!
だって皆さん、一生懸命
やってるじゃないですか!

てぃ先生
てぃ先生(てぃーせんせい)
関東の保育園に勤める男性保育士
保育士として勤務するかたわら、その専門性を活かし、子育ての楽しさや子どもへの向き合い方などをメディアなどで発信。全国での講演は年間50回以上。他園で保育内容へのアドバイスを行う「顧問保育士」など、保育士の活躍分野を広げる取り組みにも積極的に参加している。

皆さんにどうしてもお伝えしたいことがあります。

それは、「愛情不足の親なんかいない!」っていうことです。

もちろんニュースで話題になるような極端な例はのぞきますが、愛情不足の親なんか、絶っっ対に!!!!いないんです。

なぜそれを言いたいかというと、お友だちにかみついちゃったとか、ひっかいちゃいましたとか、いわゆる「問題行動」と呼ばれる行為をお子さんがしてしまうときがありますよね? そんなとき、まわりから「それは愛情不足が原因だよ」と言われたり、もしくは、子育て本を読んで「私、愛情不足だったかも」と思って、悩んでしまったりする方がいます。

でも僕は、「そんなわけないでしょ!」ってことを強く言いたいんです。

だって皆さん、一生懸命やってるじゃないですか。

家事もあったり仕事もあったり、そのほかにもいろんなことがあるなかで、ご自身のしたいことも我慢しながら、子育てされていますよね。

その状況を「愛情不足」なんて言われたって、じゃあそれ以上どうすればいいの?「やりたいことぜーんぶやめて、子どもに24時間365日つきっきりでいるしかないんですか?」ってことになっちゃうじゃないですか。