2020年もあと1ヵ月。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。「Google 最高位パートナー」の平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する最高位の肩書(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』(11/25刊)で、大胆にもGoogleの70近いアプリを「10」に厳選。「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開した。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)も「こんな使い方、あったのか」と絶賛するノウハウとはどんなものか(12/11リードフォーアクション主催の「読書会」案内はこちら)。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Google 最高位パートナーが伝授!<br />「リモート強者」だけがやっている<br />リモート時代を生き抜く護身術Photo: Adobe Stock

★質問
「アカウント」ってよく目にも耳にもするんですが、なんのことですか?(汗)

 よくわからないまま、いろいろなサービスでとりあえずは画面の指示に従ってメールアドレスやIDを入力していますが、少し不安もあります。

 アカウントとは一体、何のことでしょうか?

☆回答
 インターネット上で各種サービスを利用するための身分証明書です。

 パスワードと一体になって、あなたの本人確認のために使用されます。

 毎日利用していても、改めて「アカウント」といわれると、ピンとこない方も多いかもしれませんね。

 いまご覧いただいているダイヤモンド書籍オンラインでも、右上に「ログイン」「会員登録」などのボタンが表示されていますよね。

 会員登録することで、あなたは「ダイヤモンド書籍オンライン」の会員になりますが、あなたが会員であることを証明するために使用するのがアカウントです。

 アカウントは、いわば身分を証明するパスポートのようなものです。

 いうまでもなく、 Google を使用するにもアカウントが必要です。

 インターネットのサービスの数だけアカウントがあります。

 数が増えて管理するのが大変かもしれませんが、アカウントを他社のサービスにそのまま使い回すことはできません。

 パスワードも、サービスごとに使い回しをするのは絶対にやめましょう。

 アカウントをきちんと管理することで、クラウド時代の自分の大切なデータを安全な金庫のごとく、しっかりと守ってもらえるのです。

 Google では、たった数分で、あなたの Google アカウントの安全性が確保されているかをチェックできる「セキュリティ診断」を実施することができます。

 ほんの数分で終了するので、絶対にやっておいてください。

 一例を挙げると、万が一 Google にログインできなくなった場合の緊急用の予備メールアドレス・電話番号の設定などができます。

 ニュースなどで報じられているとおり、あなたのアカウントを乗っ取ろうとする大量の攻撃は、毎日のように発生しています。

 でも、恐れることはありません。

「リモート強者」がやっているのは、強固なパスワードと2段階認証プロセスの設定です。

 拙著『Google式10Xリモート仕事術』では、 Google 直伝の「絶対に忘れない、なのに強固なパスワードのつくり方」も紹介しています。ぜひご活用ください。