保代協恒例の新春座談会で
大型代理店社長4人が語ったこと

 2021年1月14日、保険乗合代理店協会(保代協)の定例会・全体会議が開催された。注目は、大型代理店の経営者4人と、切れ味鋭い質問をすることで知られる保代協理事長の堀井計氏(写真右上)とのディスカッションだ。

 登壇者の4人は、以下の通り。

・ファイナンシャルアライアンスの松村光範社長(写真左上)
・ライフアシストの皆川史樹社長(写真上中央)
・アイリックコーポレーションの勝本竜二社長CEO(写真左下)
・ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの正田侑也社長(写真右下)

2021年1月14日に開催された保険乗合代理店協会の定例会・全体会議での経営者座談会

 今回のテーマは、大きく2つ。1つ目は、いわゆる節税保険にとどめを刺したバレンタインショックのその後に加え、コロナ禍で揺れた20年の振り返り。2つ目は、今年の見通しと目標や戦略についてだ。今回の「前編」では、1つ目のテーマについて見ていこう。

テーマ1:2020年はどういう年だったのか?

 トップバッターは、ニュートンの正田社長だ。ニュートンといえば、昨年、親会社である持ち株会社のNFCホールディングス(HD)前社長の山岸英樹氏が電撃辞任し、その後、FWD富士生命保の社長に転じたことで話題を呼んだ、大型代理店グループである。

 主力事業は電話で保険を販売するテレマーケティングのニュートンで、最近では、保険ショップの保険見直し本舗やE保険プランニング(T.F.K.)を買収するなど積極的にM&Aを行い、規模を拡大している。現在、グループ会社は10社を数え、約3000人の社員を擁する。

 やはり注目なのは、昨年の社長の電撃辞任だ。無論、堀井理事長はそこに切り込み、「昨年、上場企業であるNFCHDの社長が電撃辞任したことで、ニュートンの社長には正田さんが抜擢されたわけですが、衝撃はありましたか?」との問いが発せられた。それに対し、正田社長はこう答えた。