いよいよ2022年4月から、日本の高等学校でも「資産形成」や「投資」の授業がスタートする。
人生100年時代の今、大人も子どもも、お金の教養は喫緊の課題となっている。
だが、日本人はお金の教養がないといわれて久しい。
一方、投資先進国アメリカの学生は幼少期から、日本人が知らない「3つの力」を学んでいる。
それが、「稼ぐ力」「貯金力」「投資力」だ

3つの力が身につく話題の書『13歳からの億万長者入門──1万円を1億円にする「お金の教科書」』がついに日本上陸。たちまち大重版。本日、読売新聞に掲載された。
★Amazon.com「1600以上の読者評価、星5つ中の4.6の高評価
★Amazon.com「Children's Moneyジャンルベスト10の常連
★ベストセラー『生涯投資家』村上世彰氏絶賛
原書タイトルは『HOW TO TURN $100 INTO $1,000,000:Earn!Save!Invest!(1万円を1億円にする方法:稼いで、貯金して、投資しよう!』(Workman Publishing)。
ほとんどお目にかかったことのないタイトルだが、訳者の関美和氏(ミリオンセラー『FACTFULNESS』訳者)は、「釣りタイトルと思われるかもしれませんが、決してそうではありません。大人も子どもも楽しみながら学べる、真っ当なお金の教科書です」という。
この本は、権威ある「エミー賞」を受賞した全米の人気テレビ番組『Biz Kid$』(子ども向けの経済教育番組。2008年に放送開始後、全世界で1500万人以上が視聴。全米16州では金融教育番組として推奨)をもとに、著者たちが同名の金融教育プログラムを創設。長年にわたり数百人もの子どもたちと、過去から現在(ベゾス、バフェット等)までの億万長者のヒミツを徹底調査。幼い頃からどんなことをすれば、ゼロから1億円をつくれるのかをとことん研究した。カラー図解で実用性×遊び心×やる気に火をつける稀有な本だという。
では、日本の学校では絶対教えてくれない「3つの力」「億万長者マインドセット」「1万円を1億円にする方法」を著者に、こっそり教えてもらおう。

【お金を見せびらかした人の末路】<br />人生100年時代こそ<br />「億万長者マインドセット」が<br />必要ってなんでだと思う?Photo: Adobe Stock

 ここで、子どもっぽい考え方を少しやめ、しわしわのお年寄りになったときにどんな人生を歩んでいるか想像してほしい。

 あ~ラクな生活。ゴルフ、チェックの靴下、入れ歯、昼寝し放題みたいな?

 残念ながら、大半のアメリカ人は引退後も働き続けないといけない。

 全体の36%は引退に備えた貯金がないんだ。

 そのほとんどが年金(勤労者が支払う政府基金で、引退年齢に達したら受け取れる)に頼っている。

 年金だけで生きていけるかどうかはともかく、そんなふうに人生の黄金期をすごすのはあんまり楽しくなさそうだ。

【お金を見せびらかした人の末路】<br />人生100年時代こそ<br />「億万長者マインドセット」が<br />必要ってなんでだと思う?若いうちに、一所懸命努力すれば、それだけ早くごほうびを楽しめる!

 50歳のアメリカ人の平均貯蓄額は4万3797ドル(約438万円)

 それだけじゃすぐに息切れするよね。

 しかも、みんな長生きするようになって(引退してから死ぬまでに30年以上生きる人もいる)、人工関節を買うお金もたくさん必要になるわけだ。

 ゴルフボールを買うお金さえないお年寄りになってはいけないよ。

億万長者マインドセット」を身につけ、今すぐお金を貯め始めよう。

1億円貯めた?
すごい! でも、
見せびらかしちゃダメだよ

 お金を見せびらかしたり、高級車に乗ったり、ブランド靴を履いたり、ぜいたく品を周囲に見せつけたり……。

 そんなことをしても、君は愚かに見えるだけだ。

 盗人を呼び込むことにもなりかねない。

 お金や持ち物を盗まれた億万長者はたくさんいる。

 どうして、わざわざ自分から危険を招くようなことをする?

 本当のお金持ちなら、目立たないように気をつけて、静かに素晴らしい人生を送る。

(本原稿は、ジェームス・マッケナ+ジェニーン・グリスタ+マット・フォンテイン著、関美和訳『13歳からの億万長者入門──1万円を1億円にする「お金の教科書」』からの抜粋です)