ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

自費出版はデジタルの時代?
――「Kindle ダイレクト出版」のメリットとデメリット

三浦一紀
2013年5月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3

 電子書籍に向いているコンテンツとは、どんなものだろうか。

 「既存の出版社の流通には載らないコンテンツ、ニッチで読者が限定される本、1冊の分量がない本などがその代表です。また、すでに実績がある著者の副読本や、絶版になった本を著者がKindleで出版するという動きも増えてくる可能性があります」

 これまでの自費出版に比べると、電子書籍であるがゆえのボリュームや内容に制約が少ない点が、Kindle ダイレクト出版の最大の特徴なのだ。また、いしたに氏は「いきなりKindleでデビューしてベストセラー作家になる人も、ここ数年のうちに現れる可能性がある」とも語っていた。

 「紙への印刷」という、長い間親しまれてきた本の形態から解き放たれた電子書籍。一般の人が自分の作品を形にするための門戸は確実に広がっている。あとは、どれだけ良質なコンテンツが生まれてくるのか、だ。

(三浦一紀/5時から作家塾(R)

previous page
3
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧