経営 × オフィス

弱者へのストレスのつけ回しがブラック化の真因?
うつ社員が溢れる「忍耐消滅職場」はあなたがつくる

渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]
【第4回】 2014年7月9日
previous page
6
nextpage

 だが、そういった責任回避社員はストレスの元凶を他につけ回しているに過ぎない。つけ回された側はたまったものではない。ブラック企業に勤めている一般社員は、まさにそういった責任回避体質の犠牲者だ。

 筆者の友人の精神科医によると、先に話したメランコリー型うつの患者は次第に減ってきているという。その代りに増えているのが「ディスティミア型うつ」、通称「新型うつ」だ。

 新型うつの特徴は、仕事の間は疲労感、倦怠感などがあり、やる気を感じられない状態なのに、就業時間が終わると元気になり、趣味などにも積極的に取り組む点だ。それ以外には、失敗を自分ではなく他人のせいにしがちになったり、他者の言葉に必要以上に傷つきやすくなったり、その反動で過剰に他人に攻撃的になったりするなどの特徴がある。

そもそも責任を引き受ける力がない
新型うつを「甘え」と決めつけるな

 そしてこれは、従来の日本型組織で育ってきた人にとっては、「甘え」として映る。だが、専門医が様々な手法で診断する限り、「うつ」の一種であることが確認されている。

 筆者は、実はこの新型うつの原因の1つは、責任を押し付けられることによるストレスなのではないかと思っている。メランコリー型うつの場合、患者は表面上「納得して責任を引き受けている」場合が多い。その責任を全うできないことがストレスとなっている。

 これに対し、新型うつの場合、患者は責任を受け入れることに納得していない。責任を押し付けられること自体がストレスとなっている、という違いがある。当然、後者の行動の傾向は「責任を持ちたがらない」「責任逃れをする」というものになる。

 もしこの考えが正しいならば、従来型の「メランコリー型うつ」も新型の「ディスティミア型うつ」も、それぞれの制度の中で受けるストレスへの「対処」として出て来た病理となる。

previous page
6
nextpage

「経営×オフィス」を知る ワークスタイルで変わるオフィスとは?

  • ワークスタイルの変革とオフィスの変化
  • 創造性を育む「クリエイティブ・オフィス」の作り方
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 働き方の多様化が進むほどオフィスの役割は重要になる 新しいワークスタイルとオフィスの進化

OFFICE TOPICS 働く場所・働き方・働く人

「経営×オフィス」を見る 理想のオフィスのつくり方

 

渡部 幹(わたべ・もとき)
[モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]

UCLA社会学研究科Ph.Dコース修了。北海道大学助手、京都大学助教、早稲田大学准教授を経て、現職。実験ゲームや進化シミュレーションを用いて制度・文化の生成と変容を社会心理学・大脳生理学分野の視点から研究しており、それらの研究を活かして企業組織にも様々な問題提起を行なう。現在はニューロビジネスという大脳生理学と経営学の融合プロジェクトのディレクターを務めている。代表的な著書に『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)。その他『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)、『入門・政経経済学方法論』、『フリーライダー あなたの隣のただのり社員』 (共著、講談社)など多数。


ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹

この連載の趣旨は、ビジネスマンのあなたが陥っている「ブラック」な状況から抜け出すための「心」を獲得するために、必要な知識と考え方を紹介することにある。社員を疲弊させる企業が台頭する日本社会では、「勝てない組織」が増えていく。実はその背景には、マクロ面から見た場合の制度的な理由がある一方、日本人の持つ国民性や心理もまた、重要な要因として存在する。そうした深いリサーチが、これまで企業社会の中でなされてきただろうか。本連載では、毎回世間で流行っているモノ、コト、現象、ニュースなどを題材として取り上げ、筆者が研究する「ニューロビジネス」的な思考をベースに、主に心理学や脳科学の視点から、その課題を論じていく。あなたは組織の「黒い心理学」を、解き明かすことができるか。

「ニューロビジネス思考で炙り出せ!勝てない組織に根付く「黒い心理学」 渡部幹」

⇒バックナンバー一覧