「恥」よりも「熱意」が上回る時
人はチャレンジをチャレンジと考えない

 そして彼は、最初こそ日本語で話していたものの、途中から英語で話そうとし、慣れないながらも、外国人研究者と直に会話しようとしていた。どうしても英語にできないときのみ、筆者に助けを求めた。インタビュー終了後、彼に話を伺うと、最初は英語を話さなくてはならないというプレッシャーを感じて緊張していたという。しかし途中から、自分の考えを相手に伝えるのに一生懸命で、気がつくと英語になっていたと、照れながら話していた。

 彼だけではない、筆者が「優秀だ」と感じた方々は、皆そうだった。相手に自分の考えを伝えることに集中するあまり、途中から英語になってしまう。英語力が高いかどうかは人によってさまざまだが、ひとつ言えるのは、自身の英語力がどうであろうと、彼らは果敢にチャレンジし、英語でのコミュニケ―ションを試みるという点だ。そしてもうひとつ大事なのは、彼ら自身、英語でのコミュニケーションにチャレンジしているという自覚がほとんどないことである。

 彼らは一様に、気がつくと、英語でなんとか表現しようとしていた、自分の話す英語の拙さにもどかしさを感じたがそのまま続けた、と語る。そして楽しかった、とも。

 つまり、彼らは英会話というチャレンジをチャレンジとして受け止めていない。むしろ一生懸命に楽しんでいる。優秀なビジネスパーソンに共通してみられるメンタリティだ。

 筆者の経験から言えば、英語はコミュニケーションためのツールである。ツールとは、すなわち道具なので、道具をつかいこなせるかどうかの一番重要なファクターは「経験」である。つまり英会話力はどれだけ英語を話したかによって決まる。したがって、自分は英語ができない、と認識する人が英会話力を身に着けるための一番の近道は、英語を話すことだ。

 だが多くの日本人は、「できないくせに英語を話す」ことを極端に恐れる。恥をかくことが怖いのだ。それは例えば、相手が自分の英語を理解できなくて不愉快な思いをさせてないだろうか、自分の英語が拙いので相手に嫌がられないだろうか、周りの英語のできる人から「この程度の英語力で」などと思われないだろうか、といったものだ。

 これらの感覚は、日本人が強く持つ「恥の文化」の表れだ。文化人類学者のルース・ベネディクトが戦後すぐに出版した『菊と刀』で、西欧の「罪の文化」に対峙する日本文化の特徴として出した概念である。心理学的には、「恥」とは、自分以外の他者からのネガティブな評価を予測したときに感じる感情だ。ただし、「自分以外の他者」が誰なのかは、個人によって異なるだろう。