国内のライバル争いを
海外にまで持ち出すな!

「あの企業はライバル企業だから別の手段・戦略を立ててほしい」

 よくいただくご要望の一つです。もちろん1社単独で海外進出に成功し、巨大マーケットを独占できれば、それは素晴らしいことです。しかし、それほど予算もない中小企業が、1社単独で海外進出を進めることが果たして正しいのでしょうか?

 たとえば、日本で製造・販売をしている企業が、これから海外で商品を販売しようとした場合、たとえ良い商品であっても、まずは現地の消費者に認識してもらう必要があります。その目に触れられるまでの各種予算はどれ位を想定されているでしょうか?また、日本の競合他社を意識し過ぎてしまい、他国の競合企業に目を向けず、両社共に他国企業に負けてしまうということもありえます。

 極端なことを言えば、それこそ日本の物産展のように協力しあって海外戦略を練る方がよいのではないでしょうか。北海道や東北、九州など様々な物産展が一堂に会している場所は、消費者としては各地域の名産品を一気に買えるためメリットが高く、各地域の出店者も広告宣伝費などの各種コストも負担し合えるため、単独で進出するよりもプラスの面が多いと言えます。ライバル企業より先んじて海外マーケットを取るという意気込みも十分理解できますが、両社が戦っている最中に他国企業に出し抜かれてしまってはもったいないのです。

「昨日の敵は今日の友」というように、国内では手強いライバルだからこそ、味方になれば力強いのではないでしょうか。

日本人が日本人をダマす
「現地生活◯◯年」にダマされるな!

「現地にもう10年以上住んでいます。現地のことなら何でも分かりますので何なりとご相談を!」

 海外進出を目指そうと、不安を抱えつつ現地視察を開始してはみたものの、海外展開の右も左も分からずにどうしようか悩んでいる…。そんなときにこんなことを言われたら、まさに天からの助けのように感じるのではないでしょうか。

 しかし、その言葉は果たして本当に信頼できるものでしょうか?残念ながら日本人が日本人を騙すということも多いのが現実です。よく考えてみてください。たとえば、日本で生まれて日本で生活している私たちですが、海外企業の日本進出コンサルテーションを誰もができるのでしょうか?どのような仕事でも同じですが、もちろん一朝一夕ではできません。そのための知識や経験を通じて初めてできるものです。ただ、何故か海外進出の場合は、「同じ日本人だ。現地に何十年も住んでいる。有名な日本企業の進出支援や、国の政府との繋がりも深いと聞く。安心できる」、そのような思考になってしまう方が非常に多いのです。