では子どもの戸籍謄本はどのように手に入れれば良いでしょうか?戸籍謄本を発行するのは本籍地の役所ですが、今回のように前妻が結婚、離婚、再婚と戸籍を転々としているケースでは、今現在の本籍地がどこなのか探し当てるのはそう簡単ではありません。このような場合、結婚、離婚、再婚の各場面で本籍地がどのように移っていったのかを調べていくことが大事です。

 まず彼と彼女が結婚すると、ほとんどの場合、彼女が彼の戸籍に入るので彼女の本籍地は「彼の本籍地」になります。そして夫と妻が離婚すると、妻が夫の戸籍から抜けて新しい戸籍を作るか、結婚前の戸籍に戻ります。いずれにしても離婚後の本籍地をどこに定めるのかを「離婚届に記入する」ので前妻の本籍地を知ることはできるでしょう。そして前妻が再婚すると今度は再婚相手の戸籍に入ります。今回の目的は再婚の有無を知ることですが、ここでは「除籍謄本」を取得することが大事です。

 除籍謄本とはすでに抹消された戸籍が記載されている公的な書類です。前妻が離婚してから離婚するまでの間の除籍謄本を用意しましょう。除籍謄本には「戸籍が抹消された後、次はどこの戸籍に移動したのか、移動先の本籍地と抹消の理由」が書かれています。

 抹消の理由が『再婚』なら、ようやくその事実を突き止めることができます。基本的に母(前妻)と子は一緒に戸籍を移動するので、前妻ではなく子の除籍謄本でも代用することができ、むしろその方がスムーズです。なぜなら、前夫が前妻の公的書類を申請するより、父が子の公的書類を申請した方が役所は発行してくれやすいからです。離婚したら夫婦は赤の他人ですが、親子は親子のままです。

 さて、和彦さんの話に戻りましょう。

「アイツをだますのは超簡単だわ」

>>後編『不倫した妻に子どもを奪われ 養育費だけを払い続けた男の悲哀(下)』に続きます。

>>後編『不倫した妻に子どもを奪われ 養育費だけを払い続けた男の悲哀(下)』を読む