「稼ぐ」店舗を創る必勝法

市場環境や消費者行動が急速に変化し、業態を超えた競争が激化する中、新規出店による効果を最大化することは非常に難しい状況になっています。そもそも流通小売り業は「固定費が高く利幅が小さい」「資本力がなければ規模の効果を発揮しづらい」などの事業特性があり、その制約の中で成功を勝ち取るためには、出店戦略のセオリーを踏まえ、綿密かつ周到な準備と高度な戦術を持ち合わせる必要があるでしょう。しかしながら、実際は過去の経験と勘に頼って「こうあってほしい」という願望がそのまま需要予測データに置き換わり、安易な意思決定が日常的におこなわれています。ここでは、経営者、店舗開発担当者に向け、出店戦略の最適解のヒントとなる資料をご紹介します。ダウンロードの上、ご一読ください。
【資料提供】株式会社ディー・アイ・コンサルタンツ

大手コンビニの出店余力を観察する

資料掲載日2015年8月28日

●セブン-イレブンのマーケット重視戦略《東京都》
●セブン-イレブンのマーケット重視戦略《神奈川県》
●東京都コンビニ1店舗当たり人口マップ
●大阪府(北部)コンビニ1店舗当たり人口マップ
●大阪府(南部)コンビニ1店舗当たり人口マップ

都市型小売流通チェーンの評価サンプル

資料掲載日2015年7月28日

●評価サンプル《動線》
●評価サンプル《マーケット規模》
●評価サンプル《商圏の質》

既存店実査シート【都市型】【郊外型】

資料掲載日2015年6月22日

●店舗状況の評価基準
●ポイント規模の評価基準
●視界性の評価基準
●アプローチの評価基準
●道路評価の評価基準  など

中長期の出店戦略

資料掲載日2015年4月17日

●出店戦略の考え方
●実行プロセスの全体像
●自社競合影響度の分析簡易フロー
●出店余地数の簡易算出フロー
●出店候補地の選定イメージ  など

新規物件の売上を予測する方法

資料掲載日2015年5月20日

●売上予測の精度を高める6つの条件
●6つの「正しい」前提条件とは?
●ゴールの設定
●既存店現状分析、予測式の作成・分析
●新規物件の予測、検証  など

売上要因分析の考え方

資料掲載日2015年3月23日

●勘・経営(主観性)×データ(客観性)
●事実×仮説
●現場主義の売上要因分析
●立地とは何か? 商圏とは何か?
●既存店との比較による売上予測

売上要因分析による既存店活性化

資料掲載日2015年3月23日

●既存店活性化のプロセス
 フェーズ1:ゴールの設定
 フェーズ2:現状分析・外部要因分析
 フェーズ3:仮説立案・計画立案
 フェーズ4:実施
●モデルケース
 商品構成の最適化(小売店)
 認知度向上による売上改善(飲食店) など

チェックした資料を
ダウンロードする
すべての資料を
ダウンロードする
チェックした結果をリセットする