木下勝寿

木下勝寿

株式会社北の達人コーポレーション代表取締役社長
1968年、神戸生まれ。株式会社リクルート勤務後、2000年に北海道特産品販売サイト「北海道・しーおー・じぇいぴー」を立ち上げる。
2002年、株式会社北海道・シー・オー・ジェイピーを設立(2009年に株式会社北の達人コーポレーションに商号変更)。
2012年札幌証券取引所新興市場「アンビシャス」、2013年札幌証券取引所本則市場(通常市場)、2014年東京証券取引所の市場第二部(東証二部)、2015年東証一部と史上初の4年連続上場。2017年、時価総額1000億円。2019年、「市場が評価した経営者ランキング」第1位(東洋経済オンライン)。日本政府より紺綬褒章7回受章。
「びっくりするほどよい商品ができたときにしか発売しない」という高品質の健康食品・化粧品で絶対に利益が出る通販モデルを確立。「北の快適工房」ブランドで、機能性表示食品「カイテキオリゴ」やギネス世界記録認定・世界売上No.1となった化粧品「ディープパッチシリーズ」などヒットを連発。売上の7割が定期購入で18年連続増収。
ここ5年で売上5倍、経常利益7倍。利益率29%は、上場しているおもなEC企業平均の12倍の利益率。
株価上昇率日本一(2017年、1164%)、社長在任期間中の株価上昇率ランキング日本一(2020年、113.7倍、在任期間8.4年)。日本経営合理化協会セミナー「『北の達人』他社を突き放す5つの戦略」は、参加費4万円超ながら327人が受講。『売上最小化、利益最大化の法則』(ダイヤモンド社)が初の著書となる。

「株価上昇率日本一」、「初任給の高さ日本2位」の会社でやっている「社員もアルバイトも即戦力化」する方法
「株価上昇率日本一の超効率経営」の会社が「びっくりするほどよいものができた時」しか新商品を発売しない理由
落下実験、ここまでやるか!「利益率29%」の会社でやっている「生活者の観点での品質」を評価する750項目!
「利益率29%」の会社だけがやっている!「新規事業、新商品開発を行うときは必ずGDPが上がること」と基本方針に書き込んだ理由
従業員一人あたり利益対決!「北の達人」vs「トヨタ」「NTT」「三菱UFJ」「KDDI」「三井住友」では、どっちが高いか?

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP