ベンダーが発注者を見捨てるとき

「こんなやる気のない担当者を置くプロジェクトには、発注者も、あまり力を入れていないんだろう」

「これは、傷の少ないうちに手を引いたほうが良いかもしれないな」

こうなると、もう、ベンダーは「なるべく自分の仕事を早めに切り上げてしまおう」と考えます。

そして、たとえば発注者の受け入れテストの支援をろくに行なわなかったり、導入後のサポートがなおざりになったり、新たな機能追加について、まともに相談にすら乗ってくれない場合があります。

それどころか、契約を途中で打ち切ってしまうケースもあります。まさに、ベンダーが発注者を「見捨てた」状態で、当然、プロジェクトはめちゃくちゃになります。

ただ、誤解しないでいただきたいのは、ベンダーが逃げるのは、プロジェクト発足時に、発注者に十分な業務知識や専門知識がないからではありません。

たとえ知識がなくても、それについて学ぶ意思があり準備ができていること。そして何より、自分の学ぶべきことをシステム導入の目的に照らして把握している担当者であれば、ベンダーも見捨てたりしません。

「ウチの保険契約事務はとにかく人手不足で、パートやアルバイトの人たちの力を借りて、なんとかまかなっている」
「その人たちが、正社員と同じ生産性で保険契約の処理ができるように、ITシステムを導入したい」
「ただ、自分は、この部署に来て間がないので、保険契約事務のプロセスや現場の人の苦労をまだ知らない」
「これから、社内の業務研修や現場のヒアリングを通して、学ばないといけないと思っている」
「だから、できる限り、力を貸してほしい」

そういうことを言える担当者であれば、ベンダーは見捨てることなどなく、むしろ、自分の知っている保険業務のことについて、積極的に情報共有をしてくれるものです。

「本当に役に立つシステム」を作る第一歩は、そこから始まります。

私の著書『システムを「外注」するときに読む本』の第2章では、自分とは関係のない業務のシステム開発を担当することになった係長が、「ベンダーにすべてを任せればいいだろう」と考えた結果、トラブルが起きて、システム開発プロジェクトが大ピンチに陥ります。

ご自分の会社や業務にあてはめていただきながら、ぜひ、ご一読くださればと思います。