ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

他社事例ばかりを気にする
企業が後を絶たない理由

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第70回】 2017年7月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

事例の読み解き方・学び方

 どの企業もどの業界も何かしら特別な前提を持っており、いかなる事例も、常に「その業界や組織の特殊なコンテキスト」の上に成り立っているといえる。したがって、事例から何かしらを学ぶというのであれば、個々の事例の表面的な部分だけでなく、背後にある本質的なものを見極めなければならない。

 事例を収集するにあたって1社の事例だけでは客観性が乏しいため、複数の事例を集めるのが望ましいことはいうまでもない。その上で、これらの事例から有益な知見を得るためには、まず個々の事例の結果だけを見ず、それらの背景を理解することが重要となる。そして、上位の俯瞰的な視点で事例を分析し、メタ(本質的な共通点)となる情報を見極め、抽出することが求められる。それらのメタ情報から得られた知見をヒントとして、自社の背景を加味して有益な情報として活用する(図2)

事例の収集方法

 一般的に、事例調査の方法には、事例の対象となる企業の責任者などへの直接ヒアリングよる一次調査(Primary Research)と、文献やインターネットなどの情報による間接的な二次調査(SecondaryResearch)があるが、それらはそれぞれにメリット、デメリットがある(図3)

 一次調査は、体験者からしか得られない具体的な情報が得られ、不明な点があれば、質問ができるというメリットがあるが、調査対象者に簡単に接触できない、海外や遠隔地の場合は接触が困難、競合企業の場合は情報を得にくいといったデメリットも存在する。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧