しかしここ数年、12月に出たボーナスは、お正月が明けるとほとんど残っていないというのです。マイホームを購入した際に住宅ローンを組み、その一部をボーナス払いにしたせいかなと思っていたそうですが、計画では30万円ほどは残っているはずでした。

 ところが、何にどう使ったのか、思い出そうにも全部は思い出せません。しかも、通帳を見ると貯蓄も少しずつ減っています。これはおかしいということで、原因を探りたいと考えて相談にやってきたのです。

買い物のし過ぎもあるが
毎月の家計が赤字の人が多い

 このように、ボーナスがすぐになくなってしまうという人の特徴として、「ボーナスを当てにして買い物し過ぎた」ということもありますが、多くの場合、「そもそも毎月の家計が赤字状態だった」という傾向があります。

「月々の収支がなぜボーナスに影響するのか」と思われるかもしれませんが、赤字が積もってボーナスにまで波及してしまうのです。

 例えばよくあるのが、「住宅ローンのボーナス払いで10万円」「自動車ローンのボーナス払いで6万円」「クレジットカードで買い物し、そのボーナス払いが5万円」などと、ボーナスの使い道がすでに"確定"しているところに、「これまでたまってしまった赤字を、ボーナスで補填する」といったケースです。

 ここまできてしまったら、家計を見直して支出を毎月の収入の範囲内に収めなければ改善できません。毎月の支出の"穴埋め"にボーナスを使っているうちは、改善などありえないのです。

 Rさん一家も支出状況を書き出してみると、家計は毎月、赤字に陥っていました。そしてボーナスは、住宅ローンや子どもの塾代、クレジットカードの買い物代などを支払った上に、家計の赤字の穴埋めに使って全てなくなっていました。