感性系「火の九紫」の
「才力」発掘・育成法はコレだ!

「火の九紫」は芸術的センスがピカイチです。
 アートなど芸術の世界で、その存在感を示します。

 子どもが絵や彫刻、モノづくりに興味を持ち始めたら、その援助をしてあげましょう。

 0から1を創るのが「火の九紫」の使命であるからこそ、喜びにつながります。
 感性を子どものうちから磨けば、美的センスは相当なものになるので、子どもを美術館や博物館に連れていくのもいいでしょう。

 感性を育てるには、なるべく派手できらびやかな場所に連れて行くほうが、「火の九紫」の場合は吉と出ます。
 得意なことは自信を持つタイプなので、一芸を磨かせると「火の九紫」は輝くでしょう。

 ただし、注意すべきポイントがひとつあります。
「火の九紫」は、はしゃぎすぎると思ったことを軽々しく口にしてしまい、後悔することも多々あります。

 これは大人も同じ。
 子どものうちから、親がきちんと「口」に関して注意しておきましょう。

 子どもの頃にきつく言われたことは、大人になっても、潜在的に記憶に残っているものです。

 いかがでしたでしょうか?同じ感性系でも、それぞれのタイプで才力発掘の教育法は異なります。ぜひ、ご自身のお子さんに合った、教育法で、本来持つ才力伸ばし、将来活躍する大人へと導いてあげてください。

 本書にはどんな人も9タイプに分かれる「9code(ナインコード)判定法」がありますので、ぜひチェックしてみてください。

 次回は、知性系の「水の一白」「風の四緑」「湖の七赤」の子の「天才発掘教育法」をご紹介します。