うつ病と間違いやすい症状に注意

 中年期男性の更年期障害は、医学的に「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH 症候群)」と呼ばれます。テストステロンはさまざまな臓器機能に作用し、血管の拡張、脂肪の代謝、骨・筋肉の成長、脳の活動などに関わるため、テストステロン分泌が少なくなることで、女性の更年期症状と同じようなほてり、寝汗、耳鳴り、頻尿、筋力低下、体重の増加などの身体症状、集中力や記憶力の低下、不眠、いらいら、抑うつ、不安感などの精神・心理症状、また性機能・勃起障害、性欲低下などの性機能関連症状が現れます。

 ストレスが引き金となり発症することから、40~50代の更年期障害では、精神・心理症状が強く出ることが多く、うつ病の症状に似ているために心療内科や精神科を受診する人も多いようです。治療薬として投与される抗うつ薬にはテストステロンを抑制するプロラクチンというホルモン分泌を高める作用を持つものもあり、うつ症状が悪化するリスクがあるので注意が必要です。

 40~50代に更年期障害を経験しなかった男性でも、60代になるとテストステロン低下に起因する症状に悩まされるようになります。一口に「LOH 症候群」と言っても、年齢により症状が異なります。

 そこで、60~80歳で、精神・心理症状よりも、より強く疲労感などの体調不良、筋力低下、肩・腰・背中などの痛みといった身体症状が出てくるものを「熟年期障害」、80歳以上で、歩行や立ち座りなどが困難になる「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」や免疫力低下による虚弱症候群なども進行してくるものを「老年期障害」とし、「更年期障害」と分けて考えるべきだと私は考えています。熟年期障害や老年期障害は、単純にテストステロン値の低下だけでなく、加齢による細胞障害なども関係してくるため、症状や治療も非常に複雑になります。

「朝勃ち」は血管健康のバロメーター

 テストステロン分泌量低下の重要なサインとして「早朝勃起(朝勃ち)」の消失があります。私たちは「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を交互に繰り返していますが、レム睡眠期には陰茎が勃起を繰り返します。このレム睡眠のタイミングで目覚めて自覚する勃起を「朝勃ち」と呼んでいるのです。

「夜間睡眠時勃起」は性的興奮と関係なく、男児は胎内にいるときから見られる、男性の脳の“生理現象”と言えます。睡眠中の勃起時間は、テストステロン値(テストステロンの分泌量を示す数値)にほぼ相関しており、20代では合計睡眠時間の2分の1、50歳代で4分の1、60代でも健康であれば5分の1は起こっています。