「間隔を空けて思いだす」と
知識を忘れなくなる

 結果を見ると、学んですぐの練習でもそう悪くはないと言える(27%が思いだせた)。とはいえ、練習を4週間後まで遅らせた学生になると、思いだせる確率は倍になる。このようなパターンは数多くの研究で明らかになっている。

 ただし、最適な練習のタイミングは、いつテストをするかによって異なる。忘れる直前に思いだすことで完全に忘れることは防げるが、思いだすタイミングによってその効果にはばらつきがあるのだ。最適なタイミングで思いだす練習をすると、忘却曲線(第1回参照)は図表2のようになる(注2)。

図表2 1回の練習で記憶力がはね上がる!
拡大画像表示

 たった1回の練習で、完全に忘れる直前の状態から、かなり思いだせる状態になるのだ。この図表の最終形を見てみよう(図表3)。学んですぐに思いだす練習をするのも悪くないが、間隔を空けて思いだす回数を増やすほどよいという。ならば、間隔を空け、かつ何度も思いだす練習をするとどうなるのか?答えは図表3が教えてくれる。

図表3 もう「忘れること」とおさらば
拡大画像表示

 これで「忘れること」とはもうおさらばだ。今日学んだ単語はしばらく寝かせておく。覚えているかどうかを確認したくなったら、思いだせるかどうか試みて、またしばらく寝かせる。これを完璧に忘れなくなるまで続けるのだ。

 覚えた単語を寝かせているあいだは、別の新しい単語を学んでそれもまた寝かせ、しばらくしてから思いだす作業を繰り返して長期記憶に組み込む。脳に柔術を直接アップロードできるような時代がくれば別だが、大量の情報を永遠に記憶したいなら、現時点ではこのやり方が最も効率的なのだ。

注2 練習は、テストまでの期間の10~20%あとに行うのがベストのようだ。たとえばテストが1年後なら、最適な練習のタイミングは56日後となる。週に1回必ず目にするものは、5~10週間後の自分にとって重要な意味を持つが、年に1回しか目にしないものは、5~10年先にならないと重要な意味を持たないとでも脳は思っているのだろう。