ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シリコンバレーで考える 安藤茂彌

東大9月入学論議はコップの中の嵐
問われるべきは教育の密度だ

安藤茂彌 [トランス・パシフィック・ベンチャーズ社CEO、鹿児島大学特任教授]
【第54回】 2012年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
6
nextpage

 アメリカの大学では単位の互換性が認められている。欧州でも欧州内の大学で履修した科目の単位の互換性を認めようとする動きがある。アメリカに対抗しての措置である。グローバルなナンバリングについては検討課題となっているものの、まだ実施されていない。これが大学の国際化の鍵を握ると見なされている。日本の大学の講義内容が諸外国の講義内容と遜色ないと証明できるのか。

 アメリカも欧州も世界各国から優秀な学生を獲得したいのだ。何故か?優秀な学生が来て卒業後もその国に留まってくれれば、国力の増加に結びつくからだ。だから優秀な学生には喜んでビザを発給する。欧米諸国には明確な国の政策目標がある。

 東大並びに日本国政府はこうした明確な政策目標を持っているのか?9月入学の報道を見ていると、4月に入社式をやる日本の大企業との調整が必要だとか、資格試験の日程との調整が必要だとか国内事情だけで判断しているように見える。そうではない。9月入学を「大学国際化」の出発点として位置づけ、東大をはじめ日本の大学が世界的レベルで魅力ある大学に変身して、海外から優秀な学生を集められることを目標にしなければならない。

喫緊の課題「大学の国際化」は
企業の一斉採用も含めた見直しが必要

 今の日本にとって「大学の国際化」は喫緊の課題である。日本の労働人口は急速に減少してGDPは確実に縮小する。しかし日本が抱える1000兆円の借金は減少しない。問題を解決するには世界から優秀な学生に来てもらって、日本経済に貢献してもらう必要がある。日本人と一緒になって働いてもらい、彼らに日本のGDP の減少を食い止めてもらうのだ。国民の合意形成が必要なのはまさにその視点でないだろうか。

 企業の入社式と一斉採用はこれを機会に止めたほうが良い。日本の大企業はあれだけ仰々しい儀式をやって業績が上がったのか?むしろ逆の現象が起きているではないか。新卒を一斉採用して育て上げるのは、いまや時代遅れとなった。育て上げたときには時代が変わってしまったのを、90年代から嫌と言うほど経験してきたはずだ。「いま」必要とする人材を「いま」採用しないと国際競争に負けてしまうのが現実だからだ。

previous page
6
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

安藤茂彌
[トランス・パシフィック・ベンチャーズ社CEO、鹿児島大学特任教授]

1945年東京生まれ。東京大学法学部卒業後、三菱銀行入行。マサチューセッツ工科大学経営学大学院修士号取得。96年、横浜支店長を最後に同行を退職し渡米。シリコンバレーにてトランス・パシフィック・ベンチャーズ社を設立。米国ベンチャービジネスの最新情報を日本企業に提供するサービス「VentureAccess」を行っている。VentureAccessホームページ

シリコンバレーで考える 安藤茂彌

シリコンバレーで日本企業向けに米国ハイテクベンチャー情報を提供するビジネスを行なう日々の中で、「日本の変革」「アメリカ文化」など幅広いテーマについて考察する。

「シリコンバレーで考える 安藤茂彌」

⇒バックナンバー一覧